nao

記事一覧(119)

【東京校/若宮祐子】メイクをする時に気を付けていること~アフターコロナ

みなさま、こんにちは。東京校でメイクアップアドバイザー養成講座を担当している若宮祐子(わかみや ゆうこ)です。私は普段、ヘアメイクアーチストとして、メディアに出る方々のサポートをしています。ヘアメイクとして、対面して直接お肌に触れるメイクというお仕事は、現状難しいですよね…。リモートでアドバイス出来ることももちろんあると思いますが、今後お客様のメイクをする機会が増えた時のために、今日は私のヘアメイク現場で気を付けている事をお伝えできればと思います。基本的にはとてもシンプルです。「やるべき事を必ず行い、してはいけない事を絶対にしない」こまめな検温、手洗いうがい、マスク着用、換気、空気清浄、掃除、あらゆるものの除菌、消毒を徹底する。メイク中、必要最低限な事以外はおしゃべりをしない。(とは言え、メイクが終わってからのコミュニケーションは、少し離れてお話していますよ!)マスク着用は基本で、場合によっては使い捨てゴム手袋やフェイスガードを使用。(私は準備をして、その都度お相手に合わせています。)メイク直前にも手を洗い、手指消毒。化粧水、乳液はコットンで塗布。道具は使い回しのないよう、ブラシは少量を何セットも作り、使い捨てのブラシを使用。スポンジも使い捨て、パフやクロスは1人1枚、毎日洗濯とアイロンがけをします。スパチュラ やパレット、使い捨てスポンジ、ブラシを使用して、手に触れないように化粧品を取り出し塗布する。ネイルで使用するような「ペーパーパレット」が使い捨てでとっても便利ですよ!(画像参照)